~FX 自作PCとの生活~

政治・経済からIT・デジタルまで様々な分野の記事を書いています.時折、株やFX取引のことに関することや自作PCについても書いていきます.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています.一日一回クリックお願いします!

Check 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

3オクターブへの挑戦!

こんばんは、knobbingです.

今日は、昼間は気持ちのいい晴天で、夏の到来を感じさせる熱さとなりましたが、夕方からの突然の雷雨で軽い恐怖を覚えました.

こんな急激な天候の変動が外出するのが億劫になるものです.



さあ、本文に入りますが、今回の記事は”声域”についてです.

ここ一ヶ月、重点的にトレーニングをやって、やっと、ミックスボイスが出始めました.

そのおかげで、地声で2.7オクターブ前後が出せるようになってます.

とは言え、『出せる声域=歌える声域』となるわけではないから、これからが大変な訳ですが・・・

現在の声域を改めて、調べてみると、

チェストボイス(地声);lowF#~hiA

ミックスボイス(ミドル);mid2E~hiD#

ヘッドボイス(裏声);mid2E~hiE#


ミックスボイスでは地声成分を含むので、これを地声として扱うと、

地声声域=地声+ミックスボイス=lowF#~hiD#(約2.7オクターブ)

全体声域=地声声域+裏声声域=lowF#~hiE#(約2.9オクターブ)


以前と比べると、かなり声域は広がったので、単純に考えたら、歌える曲は増えるはずなのですが、問題は喚声点(ブレークポイント)です.

以前は、『地声の最高音=換声点(hiA付近)』という感じでしたが、今は、地声と裏声の両方で出せる音域が、約1オクターブ(mid2E~heD#)あるせいで、換声点が1つの音ではなく1オクターブあるような状態になって、この付近の音の処理に苦労してます.

特に、mid2E付近は、『地声の終点、ミックスボイスかつヘッドボイスの始点』となっていて、3つのレジスター(声区)の境目となっているため、かなりシビアな音に感じます.

mid2Eというと男性にとっては、高くもなく、低くもない中途半端な音の高さのはずですが、何故なのか・・・("X JAPAN"や"B'z"が歌えるようになったのに、こんな低音で苦労するとは・・・)


最近の、J-POPは一曲の中で、平気で2オクターブ以上使っているから、普通に単一のレジスター、特にチェストボイス(地声)で張り上げて歌うと、すぐに喉が枯れるため、ミックスボイスの習得は必須なわけだけど、難しいですね.


まあ、今は、合唱でベースやってるから(高音域は不必要)、そんな苦労もせずに、喉は平和な状態で歌ってますが、いずれはクリアしておかないといけない問題です.


のんびりと書いているうちに、どんどん長文化してるので、そろそろ終わっときます.

それでは、また次記事で.
関連記事
スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています.一日一回クリックお願いします!

Check 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール(Profile)

knobbing

Author:knobbing
現在20歳で、大学で電気電子工学を専門にしています.

基本的には理系人間なんですが、政治・経済からIT・デジタルまで様々な分野に興味を持って調べたりしているので、このブログでもいろんなことを書いています.

ブログの相互リンク・ブロとも歓迎します.
mixiやってますので、マイミク申請はお気軽に~

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。